招德酒造 会社概要

蔵元・杜氏あいさつ
 お酒は天然自然の恵み。そして先人たちの知恵と工夫の賜物。「酒造り」というひとつの不思議に携われることは、おおきな喜びです。いつも「美味しいお酒」「楽しいお酒」をお届けできるよう願っています。
 弊社は杜氏や契約農家をはじめまだまだ経験の浅いスタッフが多い蔵ですが、好奇心と瑞々しい感性を大切に、日々精進いたします。何卒、皆様の応援、ご愛顧をお願いいたします。

蔵元 木村紫晃(写真左:契約農家西山和人氏と)

蔵元と西山氏

 お米の旨みと酸味の生きた、お客さんに「おいしい!」と喜んでいただける純米酒を目指しています。
 生モト造りに挑戦したり、仕込みを少しづつ改良したり、守るべきものは守る、変えるべき所はかえる、の方針のもと、社員一同奮闘しています。

杜氏 大塚真帆

大塚杜氏
招德へのアクセス
招德アクセス
会社名 招德酒造株式会社
代表取締役社長 木村紫晃
住所 〒612-8338
京都府京都市伏見区舞台町16
Tel 075-611-0296
Fax 075-611-0298
地図拡大ボタン
招德の歴史
招德酒造 創業1645年 京都伏見の酒蔵

 招德酒造は、正保2年(1645年)洛中にて酒造業を営んでいた木村家が大正中期に名水の里・伏見の現在地に移転。昭和18年に四つの醸造場と合同して共栄酒造として認可されました。その後、酒銘と同じ招德酒造に変更して今日に至っています。

純米酒へのこだわり 〜純粋日本酒協会の発足〜
 招德酒造は、かねてより「純米酒こそは清酒本来の姿」と考えいちはやく、昭和40年代より純米酒の製造販売に取り組む一方、純米酒の普及に取り組み、純米酒にこだわった酒造りを続けています。

 穏やかな芳香と柔らかな味わい、米の旨さと自然な酸味が調和する招德の純米酒は京都の食文化と伝統に育まれ、燗でよし、冷でよしの美味しい酒とご愛顧いただいています。

純粋日本酒協会